イスラムについてはまだまだ整理しなければならないことが多いのですが、ここで「日本」をすこし考えてみたいと思います。日本人の宗教観についてはすでにこのブログでも出しましたが、「宗教を信じていますか?」という問いに「信じている」と答えた人はほんのわずかなのに、日本の宗教施設に関係している人は2億人と言われ、人口の約2倍です。

つまり「神様は信じないけれど、結婚式ではイエス様に愛を誓い、初詣には行くし、お葬式ではお坊さんにお経を上げてもらい戒名をもらう」というのが標準的な日本人ですから、こんな数字になるのです。

それでは日本人は本当に神様を信じていないのでしょうか? それなら、初詣で手を合わせたりしないし、手を合わせるときには多くの人は心の底から神様にお願いします。

でも、かくゆう私も「どの宗教ですか?」と聞かれますと、「その宗教にも属していません」と答えますが、「神様に手を合わせるとき、神様をバカにしていますか?」と言われれば「とんでもない。そんな罰当たりなことは考えません。真剣にお願いします」と言います。

つまり日本人は「神様はいないと思うけれど、いると思う」という心をもっているのです。でもこれは「日本人のいい加減さ」ではありません。

日本にはもともと「宗教」という言葉がなく、明治維新前後に欧米の書物を翻訳するときに、宗教という英語やドイツ語に相当する言葉がなく、やむを得ず作ったのが「宗教」という言葉です。

宗教の「宗」の時は「あまりに厳かで文字にすることができないこと」で、たとえば「神様の御技」のようなものです。だから「文字にできないほど尊いものを教える」という意味で、昔の人は偉いと思います。

日本では仏教に「宗門」という言葉があり、宗教に似ていますが、かなり意味は違います。でも日本には神道、仏教、そして一部ですがキリスト教もあり、「違う宗教があるな」という状態でした。それを日本人はどのように考えてきたのでしょうか?

農作業の時には神道の神様にお願いする。

新年のお祝いには神道の神様にお願いする。

一般に、毎日の生活は神道の神様。

人が死んだり、死後の世界を考える時には仏教にお願いする。

病気になったり、危機が訪れると仏教にお願いする。

●一般に、生死や病気などは仏教。

結婚の時にはキリスト教の教会でイエスに愛を誓う。

恋人に思いを伝えるにはキリスト教のバレンタインデーを利用する。

仲間と遊ぶ時にはキリスト教のハロウィンを利用する。

一般に、男女関係や遊びはキリスト教。

このように日本人は、「神様に分業をお願いする」というスタンスで、全ての神を受け入れ、半分は信じ、決して神様を裏切らず、どの神様も尊重するということをしてきました。それは決して「いい加減」ではなく、もっともっと深淵な理解力があることを示していますし、「戒律がいらない」というのも「四方が海」という生活環境にあると私は考えています。

日本人の宗教観については、さらに2,3回の整理がいりますが、このような日本人の考え方でイスラム教を見ると、すでにほとんど同じものが神道として日本にあるので、特に分業をお願いする必要はなかったことや、イスラム教には神道や仏教のように「中間管理職」がいないし、アラビア語を読むことができなかったというだけで、特にイスラム教を排斥しようとか、そういう意識は日本人は本来、持っていません。

私がこのシリーズに「豪快な日本」と付けた理由は、これほど宗教の本質を理解している民族は日本人しかいませんし、従って日本人はイスラム教に対して受け入れることができる民族であり、さらには、それを世界に向かって発信できる力のある国ともいえるからです。

世界がギスギスしている現在、「平和主義」を標榜している日本は宗教に対して

狭い了見を持った他国に、大らかで豪快な日本の宗教観を世界に発信すべき時でも

あります。そのためには、「原罪」、「一神教」、「お祈りと成就」、「最後の審判」のような厳しい宗教上の違いをよく理解しておく必要があると思います。

(平成27218日)