日本の歴史(このブログの「普通の歴史」)や、今回の「最期の一撃」という世界史を書いていると、読者の方から決まったある反応がくる。それは「まさか、武田さんは日本が正しいと言いたいんじゃないだろうな」というものだ。

日本が第二次世界大戦で敗戦国となり、辱められ、占領され、戦犯裁判という名のリンチを受け、そして戦後の反日教育を受けた人たちは、事実を知ろうというより自分がこれまで信じてきたことを否定されるのに極度の恐怖心を持っている。

朝日新聞の慰安婦報道や南京虐殺事件の捏造などは、日本人の好み=日本を悪く言うなら良いが良いと言ったりしたら承知しないぞ!という日本人の心に迎合したものだった。

私ができるだけ忠実に史実を整理して「普通の歴史」を書きはじめると、最初の頃に「日本の戦争が正しいと言うんじゃないだろうな」というメールが来る。そして山下大将の遺言を整理すると、「日本の軍部の中心が正しいはずはないじゃないか」という異論がでる。山下大将の遺言が立派であればあるほど、多くの日本人は裏切られたような感じになるのだろう。山下大将がこんな立派な遺言を書くはずはない、女性が活躍することが大切だとか、日本軍も考えがなく盲従する集団だったとか、そんなことを日本陸軍が書くはずがないじゃないか、と反論される。

でも、事実は事実である。そして「勉強する」というのは、これまでに知ったことや判断したことが間違っているのではないかとの意識がないと勉強しても意味はない。人間の知恵というのはつねに自らを反省し、少しずつ高めていく意識にある。

最期の一撃も一段落して第二幕に入ろうとしているが、第一幕の結論は、「第二次世界大戦の直前、世界は日本と中国の2カ国を除いて全部、アーリア人の国とアーリア人の植民地となり、残虐な行為が行われていた。中国はアーリア人に寝返ってアジアの盟主を放棄したが、その代わりに台頭した日本はアーリア人によってたかって潰された。後ろから弓を引いたのは中国だった」という「歴史的認識」であった。

はたして、この認識は正しいだろうか? 本当に日本以外の国はすべてアーリア人の言うとおりになっていたのだろうか? その時、日本人は周りがすべてアーリア人であることに気がついていたのか?

今後の日本や近隣諸国と歴史認識を合わせていくのに、このことはもっとも重要なことのように思える。またアーリア人ということで統一しているが、これを「白人」としても良い。アーリア人の内、主として北方に移動したヨーロッパ系のアーリア人が現実的には世界を制覇した。

インドのようにアーリア系でも南や中東に移動した民族はそれほど凶暴ではなかったので、「凶暴アーリア人」とは区別する必要があるかもしれない。

いずれにしても戦後70年、明治維新以来150年、ここで新しい時代を見据えるためには、私たちが世界でどのような立場だったか、これからはどうなるのか、ユダヤ資本などの地下の構造はどうなっているのか、慎重に検討を重ねる必要があるだろう。

でも、なんでも反日でないと困るという人が相当いることがつねに冷静な検討を曲げてしまうのが残念だ。

(平成27214日)