(日本人が平和を考えるとき、日本が行ってきた戦争を知ることは何にもまして必要なことですが、これまでアメリカの意向もあって日本人が第一に知るべき大切なことが抜けている・・・それがまた戦争への道につながると思います)

1941年12月6日、日本軍のハワイ奇襲の2日前、遙か南方、マレー半島のコタバル飛行場から発進したイギリスの偵察機がインドシナ半島南端カモ岬の南東80マイルの海上に北西に進む日本船団の群を発見した。

機長のラムショー中尉は「輸送船25隻、戦艦1,巡洋艦5,駆逐艦7」と司令部に報告している。翌朝には、同じコタバル飛行場からイギリス軍のカタリナ飛行艇が偵察に出たが、この偵察機は日本軍の戦闘機に撃墜されて消息を絶った。

怪しい雲行きであったが、シンガポールのイギリス軍司令部はまよって、出撃を見合わせていた。深夜0時、日本軍マレー攻撃の先発隊をうけたまわった牟田口廉也中将率いる第18師団・歩兵第56連隊、歩兵第23旅団がコタバルに上陸し、つづいてこれも深夜2時、山下泰文中将(当時)の第25軍司令部と第5師団主力がシンゴラに、第5師団歩兵第42連隊がパタニーに上陸した。

コタバル上陸作戦ではイギリス植民地から派遣されていたイギリス・インドの第8旅団と激戦となった。通常の方法で敵が守備している海岸線から上陸するには、まず制空権を握り、さらに沖合に戦艦を出して上陸する地点の敵の要塞を砲撃して戦闘能力を小さくし、その次に上陸艦艇が兵士を満載して上陸、突撃を行う。

しかし、マレー作戦では常識はずれの速度で進撃してはじめてイギリス軍をやっつけることができるというのが基本的なポリシーだったので、コタバル上陸作戦も制空権の確保も戦艦の砲撃もなく、陸軍強襲部隊が直接、敵の要塞の前で突撃をした。

そうなると、上陸しようとして上陸用舟艇に乗り移るときや、兵士を満載した輸送船が航空機に襲撃されたり、上陸地点に敵の機関銃があれば上陸直後の兵士はなぎ倒されることになる。

それでも上陸部隊は強襲して大隊長以下バタバタと倒れながらも海岸線に橋頭堡を築き、コタバル上陸を果たす。このような日本軍の戦い方は世界でもそれほど多くはない。まず大前提として身を捨てる覚悟をした士官と兵士がいなければならないし、しかも勇猛果敢で「死に向かって突撃する」ということができなければならない。

コタバルの戦闘の場合は、9時間の戦闘の結果、日本軍は全体の16%にあたる戦死320名を出した。

コタバルへの強行上陸は作戦としては失敗だっただろうか? マレー作戦全体では、1)日本軍が勝利したこと、2)兵力は日本軍3万5千、イギリス連合軍8万9千だったが、損害(死者)は日本軍1800、連合軍25000だった、ことを考えると、この作戦は成功したと言えるだろう。

戦争というのは難しいもので、単に「損害が少なかった」というだけでは「その戦闘に勝った」とも言えないし、「成功した」とも言えない。最終的な目的を達成するのに適切だったかということで決まる。

その典型的な例が「無謀な突撃を繰り返した」と言われる日露戦争の時の乃木将軍の二三高地の攻撃だ。この時、日本軍はロシアの要塞と機関銃を前にして正面突撃を繰り返し、膨大な犠牲を出した。この旅順攻囲戦では日本軍5万1千、ロシア軍63千が参加し、損害は日本軍15千、ロシア軍16千で、戦いは日本軍が勝利してロシアは降伏した。

日本では評判の悪い戦いだったが、ロシア軍から見ると全く反対であった。歴史を上から目線で見ると、損害が多い少ないなどが注目されるが、実際に戦っている兵士にとってみれば、友軍の損害が1万でも2万でもそれほど差はない。しかし戦いが終わるまでもし生き残れば、勝てば生きて祖国に帰ることができるが、負けば殺されるか捕虜である。だから、まずは勝つことが大切になる。

旅順攻囲戦の後、陸戦は奉天に移ったが、この決戦の時にロシア兵を怖がらせたのは、「乃木の軍隊はいくら殺してもへこたれない。最後はこちらがやられる」ということだ。もし一人の兵士が、二人の日本兵を殺しても、際限なく攻撃してくるとやがてかならず自分が死ぬし、もし日本軍がそのような戦いをするならロシアに絶対に勝ち目はない。必敗の戦いになる。それが乃木の偉さだった。

だからコタバル上陸に際して、「上陸という無防備な状態で、かつトーチカ正面に上陸し、将校(大隊長、中隊長)をやっつけても突撃してくる」ということが分かって、イギリス連合軍は、その後、後退に後退を続けることになる。

この日本兵の「勇猛果敢」というのは、一面で「従順で貞節な婦人」と同じように弱さを持っている。それが悪い方にでると玉砕を急いで負けにつながることにもなる。何が良いか悪いかは単純なものではなく、状況や結果によってさまざまであり、柔軟かつ冷静に判断することが大切だろう。

マレー作戦はその後も続くが、イギリス連合軍と戦いながら55日間で1100キロを進撃し、シンガポール要塞を攻略したのは世界史にも残る戦果だった(一日20キロの進軍なので、単に歩いても毎日、5時間歩き続けることになる)。

(平成261230日のち修正)