「tdyno.301-(7:25).mp3」をダウンロード

20121023日、イタリアの第一審で地震の際「地震は来ない」と「発言した」??学者が禁固刑になった。この判決は「適切」で、問題は「学者」と「専門家」を区別していない所にあります。

b0418021.jpg

この問題を、
1)学問の自由、
2)学問と政治:発言の制限、
3)被曝限度との関係、
4)日本の地震学者と報道、
3点から解説する。

(音声です)

この事件の詳細:
2009
46日にイタリア中部ラクイラで地震が発生し309人が犠牲になった。直前にイタリア民間防衛庁は地震は被害を与えないと発表した。この件で、地震の危険性を過小評価したとして科学者6人と元政府職員1人が過失致死罪に問われていた裁判で、イタリア中部ラクイラ(L'Aquila)の裁判所は22日、7被告に禁錮6年の判決を言い渡した。

この裁判をめぐって、今後、専門家が裁判を恐れて自らの知見を公表しなくなる恐れがあるとし、5000人以上の科学者が大統領に裁判が不当だとする公開書簡を送った

(平成241024日)