「tdyno.275-(6:31).mp3」をダウンロード

政府が「エネルギーの選択」という事で、原発を0%、15%、25%の3つの案を出して討論した.このことを報道した報道機関は政府の回し者でもある。

というのは、この案は「原発をどうするか」という案ではなく、「原発を止めると新エネルギーになるけれど、そんなもの(新エネ)はない。だから原発しかない」というシナリオになっている.

b881cb5b.png

もし、万が一、原発がゼロになっても、その利権(税金)を新エネルギーに使えば良いのだから役人は困らない. 世界各国がしているように(図を添付)、増えるエネルギーは石炭、天然ガスなどで「代替え」するのが常識なのに。

これほどグローバリゼーションしているというのに、日本のテレビも新聞もまったく外国のエネルギー事情を報道せず、政府のことばかりだ。マスコミはそれを知っているけれど、「世界の常識より、日本のみんなが考えている事」を報道しないとバッシングを受けることを知っているので、報道しない。やっぱり国民の責任か?

この前、ブログに「クールビズ」のことを書きましたが、日本人はすっかり政府がお膳立てをしなければなにもできなくなったような気がします。みずから日本のエネルギーはどうするかという案ができないので、政府が用意した3案だけが報道されます。

(平成241012日)