「tdyno.273-(6:55).mp3」をダウンロード

(音声で解説しています)

テレビを見ていますと、「中国は尖閣が自分の領土などとけしからん!」と言っていましたが、それ(中国が尖閣を取ること)こそ日本人が望んでいたことです。自分で希望していて憤慨しているようではと思いました。

ここでは、
1)個人の節約ではなく、国が節約すると国が衰退する、
2)国が節約するときには、戦争の前や貧困の時、
3)個人で節約している人を見たことがない、
4)そろそろ「偽善」を止めて、子どものことを考えよう、
5)国が衰退すれば領土は取られる(タンカーの話)、
6)私たちは子どもになにを残そうとしているのか?
をまず明らかにして、それから、

1)お金は充分にある、
2)資源は充分にある、
3)技術もまだなんとか、
4)自分でお金を使う意思がない、
5)たとえば、シェールガス採掘機、ドーム都市を作る、
6)そうなると教育が大切で、そのためには額に汗してという社会になる、

について、議論を深めたいと思います.

(平成241012日)