菅前首相も登場するドイツのドキュメンタリー「フクシマのうそ」(http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-546.html

 

は本来ならNHKとかニュースのTBSなどが作っていなければならないものだろう。今度の原発事故に関する深い闇を暴くことこそ、メディアの役割であり、かつ日本のためになることだからだ。もうNHKは要らない。ドイツの放送局に代わってもらいたい。

 

ところでそこに示されているのはあらゆる手段を使って利権をあさる電力とその関係者の姿であり、私が何10年と見てきたことでもあった。電力はお金を持っている.そのお金は国民が電気代として支払ったものだが、なにしろアメリカの2倍の電気料金をなにも言わずに払ってくれる国民がいるのだから、ありがたくちょうだいし、それを広告費に回してメディアをコントロールし、天下り先を斡旋して役人を手玉にとり、政治資金をだして電気料金を保持し、研究費を出して御用学者を手なずけるなどなんでもできたのである。

 

どうしたら日本社会はこの闇から逃れ、電気料金が今の2分の1になり、原発が無くなるようになるでしょうか?その具体策の一つ(一つは発送電分離)を提案します。

 

・・・・・・・・・

 

電力に限らず、環境省などもそうだが、「圧力をかける」時には裏口から来る。個別に電話したり、「そんなことを報道したらスポンサーを降りる」などと言うのもそれに当たる。しかし、まだ救われるのは電話してくる電力はそれが「犯罪に近く、やってはいけないこと」であることを知っている。だから、裏でやる。

 

人間、自分が悪いことをしているという意識があると、裏でする。圧力をかける、言論の自由を制限する、徒党を組んで特定の人を誹謗中傷するなど、ほとんどの場合は、名前を出さず、組織を明かさず、あるいは裏で工作する。もし、自分が正しいと思うことだったら、どこで公開されても問題がないし、むしろ公開された方が自分の考えが広く世間に伝わるのでよい。

 

それをコソコソと裏でやり、それを知っている人は少ないのだから、本来は意味が無い行為だ。でも、それが利権を守るということであり、「善良な国民」からはほど遠い。

 

実は意外なことに「電力の社員も善良」なのだ。善良なのになぜ悪事を働くかというと、「国民はバカだから、本当に日本のために良いことを知らない。だから、仕方なく裏工作をする」というのが実際だから面倒なことになる.人間は犯罪を犯しているというはっきりした意識があればかなり早く改善されるのだが、「悪事をせざるを得ない」と思っているとやっかいである。

 

・・・・・・・・・

 

そこで、「ダダ漏れ」を提案したい。個別の人のことなどを別にして、ほとんどすべての情報を「ダダ漏れ」しても責任は問われないというシステムにすると良い。たとえば、電力から電話が市役所やNHKにかかってきたら、それをすぐネットで公開する。

 

なんでもかんでもネットに出てくるのだから、それは透明性が高く、誰が何をやっているのかが判る。もし、電力がどこにも圧力をかけていなければ、このような方法をとれば公明正大になるだろう。日本の発展はそこにある。

 

もしこれが成功したら、第二段階として、社会のあらゆるところに連続的にネットで放送できる動画を配信する。大臣室、中央官庁の会議室、市役所の市長室や部長室、審議会、委員会、学会・・・などあらゆるところにエレベータのなかのカメラのようなものが入っていて、だれでもいつでも見ることができるようにする。

 

そうしたら「闇」は無くなるだろう。それは絶対に日本の子供たちのために、日本を発展させることができるだろう。「ダダ漏れの明るい社会」の方が「国民総背番号制」よりも先にやらなければならないと私は思う。

 

国民総背番号制で国民を絡め取るより先に、指導部の方がダダ漏れで絡め取らなければこの闇は無くならないだろう。

 

「takeda_20120323no.467-(7:34).mp3」をダウンロード

 

 

(平成24322日)