農業の人には悪いのですが、農業の人も「消費者に安心して食べてもらう食材」の生産に励んでおられたと思います.それが前提です.

・・・・・・

ホウレンソウが汚染されていたとします.普段なら「ホウレンソウだけが放射線で汚染されている」という事なので、「そのホウレンソウが基準値を超えていなければ食べて良い」のです。

しかし、現在のように空気(外部線量)、それを吸い込んでの内部被曝、野菜、魚、水、土壌など全てが汚れていると、ホウレンソウも他の被曝に足さなければなりません.

たとえば、次のようなことです。

【普通の時】 

空気      0

水        0

内部      0

ホウレンソウ 10

小松菜     0

大根      0

牛乳      0

こうなご    0

合計     10

となりますから、ホウレンソウは規制値以下なら大丈夫です.

ところが、「環境が汚染されているとき」(時期は1年ぐらい)は、状態が違います.

【汚染時】

空気      10

水        2

内部      10

ホウレンソウ  10

小松菜     3

大根      1

牛乳      5

こうなご    10

合計      5

となります。つまり一つ一つは「規制値内」でも「足し算」をしなければなりません。

少し前に「かけ算のできない東大教授」と書きましたが、先日の東電の魚汚染の発表は「足し算のできない東電」ということです。

むやみに怖がる必要はありませんが、ここ半年ぐらいは、「基準値以下でも、できるだけ被曝を避ける生活」が大切です.

個人の事情、体力などに合わせて、できる範囲で被曝を減らすこと、これが放射線防御の基本です.

(農業、漁業の方の考え方はまた別の機会にします)

(平成2349日 午前9時 執筆)