デンマークのコペンハーゲンで行われていた、京都議定書に続く国際条約を結ぶためのCOP15が終わって、幻の恐怖心をあおった温暖化騒動の作戦が失敗した。

・・・作戦とはこういうものだった・・・

1988年に、議会の冷房を切って「暑くなる」という恐怖心をかき立て、

1995年に、ベルリンでヨーロッパだけが得する1990年基準というものを作り、

1997年に、アメリカが批准しないことがわかっていながら(バードヘーゲル決議)、ゴア氏にリードさせ、

日本では、政府と経団連が密約を結び、環境省がIPCCの英語を誤訳し、NHKが誤報を繰り返してきた。

国際的にもマンのホッケースティックグラフ、1990年のデータ改変などを続け、温暖化に疑問を挟む専門家の論文の掲載を妨害した。

200911月のイーストアングリア大学のメール事件(クライメートゲート事件)はもちろんNHKは報道しない。ウソがばれるからだ。

東大総長を中心として、「温暖化の一部に疑問を挟む学者を叩く」というおよそ学問とは無関係のヤクザまがいの活動を展開し、それに反対する学者に東大は「反対するならやってみろ」との手紙を出すという有様だった。

新聞が温暖化に疑問を呈すると、環境省課長補佐から憲法に違反してまで記事にクレームをつける・・・

・・・・・・・・・

すべての作戦は、コペンハーゲンでの第二弾CO2制限によって、環境税を取ることに焦点があった。

しかし、地表の気温は21世紀にはってもまったく上がらず、NHKの誤報に関わらず、またIPCCの計算(中緯度では上空の方が気温が上がる)にも関わらず、197812月以来、中緯度の上空の気温はピタッと止まったまま変わっていない。

残ったのは、「シロクマがおぼれている、ツバルが沈んでいる」という「ウソ」だけである。

・・・・・・・・・

真実は怖い。伏兵は意外なところから来た。

これまで、先進国と途上国の争いと思っていたら、アメリカと中国、EUと日本、それに途上国と3つのグループに分かれ、利害関係は複雑になり、事実だけが勝負となったので、幻想は一気に取り払われたのである。

・・・・・・・・・

もう、ウソはやめよう。税金を狙わず、額に汗しただけで慎ましく生活をしよう!

税金をもらう人の方が、税金を出す人より裕福な時代を終えよう!

すでに3.5℃も気温が上がっている東京の人が大きな顔をするのをやめさせよう!

ウソを続けてきた環境省とNHKをとりあえずなくそう!

東大は大学から専門学校に格下げしよう!

小学生や高校生にCO2削減を呼びかけ、自分は冷暖房使い放題という東京の老人の口を封じよう!

そして、日本の若い人が将来に不安なく、夢をもって人生を送れる、そんな日本にしようではないか!

・・・・・・・・・

もともと、この20年、恐怖は大人によって、作為的に作られてきたものだった。

年金は無くなることはない。社会保険庁が食い物にしただけだ。年寄りが増えても定年を伸ばせば何の問題もない。

環境はなにも悪くない。リサイクルもダイオキシンも、温暖化もみんなウソだからだ。日本の環境は素晴らしく、たとえ温暖化しても海洋国家だから、被害は出ない。

赤字国債など関係ない。国がやる仕事を減らせば、それで解決する。これも今の官僚がお金が欲しいから国民から取り上げているだけで、「仲間に税金を配らない、天下りしない」だけすれば、国債の発行は不要になる。

思えば、残りわずかな日本の老人が、これから日本を背負う若者の気持ちを暗くしてきた20年だった。

自分で恐怖を作り、お金を巻き上げ、次世代の若者を暗くする・・・そんな日本を「コペンハーゲンショック」を利用して終わりにしたいものである。

(平成211220日 執筆)