「最高裁判所の犯罪」という表現は,そのものが矛盾している。つまり具体的な事件について何が犯罪かを決めるのが,最高裁判所だから,最高裁判所がすることはもともと犯罪ではないという定義だからである。

しかし,最高裁判所が明らかな犯罪を起こしたとき,日本社会としてはそれをどうするのだろうか? 一応,「最高裁判所判事の国民審査」というシステムがあり,国会議員の選挙の時につけたしたようにして投票が行われる。

でも,一人一人の裁判官がどの事件を担当し,どのような判決をしたのか,それを国民が直接,判断することは実際上,無理である。

つまり,システムはあるが,役に立たないシステムなのである。問題となる判決があったら,それを取り上げて,専門の立場から検討し,その結果を国民が判定するなら良いが,裁判官その人を判定するのは難しい.

最近,話題となっている事件としては「足利事件」であり,私はこの事件では最高裁判所がハッキリと犯罪を犯したと考えている。

足利事件については多くの情報があるので,詳述しないが,簡単にいうと女児の殺人事件である。容疑者は逮捕され,最高裁判所で無期懲役になったが,容疑者は繰り返し「自分はやっていないからDNA鑑定をしてくれ」と言っているのに,裁判所はしなかった.

容疑者が「DNA鑑定をしてくれ」と言っているのだから,「真犯人を捕まえたい」という熱意があればDNA鑑定をするはずだが,断固としてしなかったし,弁護側がしたDNA鑑定については「本人のものか判らない」という理由で証拠として採用しないというとんでもないことを裁判所がした.

常識的にはどうみても奇妙な裁判であり,日本の裁判制度に大きな汚点となった.

私の個人的経験から判断すると,裁判官の出世問題であろう。裁判官は「検事の言うとおり判決すると出世する」のは公知の事実である.その結果,刑事裁判では99%以上が有罪となる。

起訴した事件の99%が有罪なのは,日本の検察の能力が高いのではない.裁判が始まると弁護人はまず,裁判官のこれまでの経緯とこれからの出世ルートを考える.それが判決のほとんどの要素だからだ.

もし,裁判官が変人か,すでに出世コースから離れていれば,「まともな証拠」をもって戦うことができるが,かりに「バリバリの裁判官」の場合は,あきらめるしかない。

裁判をする前から有罪は確定しているようなものだからである.法廷にでると裁判官が「容疑者を有罪にしたい」と顔に書いてあるような裁判が行われる。

人間は「心の底から腐る」ということがあり,それは社会が固定化され,倫理観が薄れてくるとすでに本人が自覚しないで,「自分のためには正義は二の次」になるからである。

足利事件を鋭く追及する必要がある.それは裁判官制度などよりもっと重要な日本の司法の危機だからである。そして足利事件は多くの刑事裁判で無罪に泣いた人たちにとっては氷山の一角であることも知らなければならない.

なにが力になるのだろうか?

これほど明確な最高裁判所の犯罪・・・時間はタップリあった.そして,容疑者がDNA鑑定を求めているのに,「検事のDNA鑑定が信用できるから,もう一度,DNA鑑定をしなくてもよい」という理由を言うのだろうか?

DNAが再度,一致すれば有罪を決めるのに裁判所がいらないぐらい簡単な事件である。

裁判官は,容疑者を「法から守る義務」があると思っていない.「罰するのが義務」と錯覚しているからこうなる.

この足利事件は「判決の問題」ではなく,「当然にするべきことをせずに,故意に有罪にした」というのが明白な事件で,これが糾弾できなければさらに複雑な事件はまったくダメである。

裁判官は「もしDNA鑑定をもう一度したら,本人ではないということがばれてしまう」と判断したに相違ない。それ以外にこの奇妙な裁判を理解することはできにない.

国民は立ち上がる手段をもっていないのだろうか?

(平成21430日 執筆)