軽い話題ですが、天ぷら油などの廃油をディーゼル油としてトラックなどで使えるということで、自治体などで進めているところがあります。

 「資源」というものを理解するために良い参考になりますので、検討してみます。

 石油や鉄などの「資源」は「物質」とは違います。東京湾に浮いている油は、アラブの油田の油と同じでも「資源」ではなく「油という物質」に過ぎません。小学校の庭で小学生が磁石で集めた鉄粉も「鉄という物質」ですが、「資源」ではありません。

 「資源」と「物質」の差は簡単にわかります。それは「物質のうち、その物質を採るのに、その物質より少ない物質でとれる」というものを言います。

たとえば、油ですと、100グラムの油を採るために、90グラムの油を使うなら資源ですが、110グラム使うなら10グラムの赤字になるので、資源とは言いません。

 つまり、「物質」というのは科学の問題ですが、「資源」は人間社会の価値の問題です。

 目の前にある物質が「資源」かどうかは理論計算と、簡単な方法で見分けることが出来ます。理論計算はseparative work unitSWU)というもので、すこし難しいので、私のネットをご参考になってください。

 簡単な方法で見分ける為には、「現代の社会の価値は、少し変動するけれど、だいたいはお金で決まっている」ということから来ています。そうでなければ経済学も成り立ちません。

 このことを資源学ではずいぶん、研究して、「資源かどうかは理論的にはSWUで、現実的には「コスト」で見分けることができるという結論になっています。

 日本では資源学の専門家が少ないので、私が「資源の価値はコストにでる」と言うと、「それは武田の説だ」などと言っている人もいますが、資源の専門書を見ればすぐにわかることです。

 まず、ここまでで、

1)  資源は物質と違う。

2)  資源かどうかはコストでわかる

と覚えてください。

 また、このことは決して「武田説」ではないことも承知しておいてください。現代は「学問」というものがあり、Kingの本を見てもらうのが一番なのですが、読むのが大変なので私が紹介しています。

 現代社会は、学問や科学があるから、たとえばテレビを見ることが出来たり、ヒコーキが安全に空を飛んだりするので、学問は物事を判断するのに役に立ちます。

 環境というのは身の回りのことなので、学問の力を軽視しがちですが、やはり「資源とは何か?」というような問題では学問を尊重した方が良いのです。

 ここまで準備をすれば、廃油が資源かどうかは簡単にわかります。

・・・・・・

 もし、廃油がとても「良い資源」なら、業者が各家庭の台所に採りに来ます。さらに、「本当にすばらしい資源」なら、業者が「ここに瓶をおいておきますから、廃油が出たら入れておいてください」と言います。

 もちろん、廃油を引き取るときには代金はおいていきます。その理由は簡単で「油として売れる」からです。売れる物をタダで持って行くのはドロボウになるからです。

 でも、それほどの資源性がなければ、業者は「集めてくれれば持って行きます」と言うでしょう。この場合は、個別の家庭に集めに行くと、そのガソリンなどがかかるので、「資源性が逆転する」ので、集めてくれればOKという話になります。

 それでも、代金はおいていきます。当然、集めた油は売れるからです。

 いよいよ資源性がないと、業者は「集めてくれ、税金(手数料)を払ってくれ」ということになります。ペットボトル・リサイクルなどがその例ですが、回収するものより、回収するためにかかるものが多いので、結果的に「他人が集めてくれて」、「お金をつけてくれる」ということがないとやっていけないのです。

 廃油は今のところ、資源性が無いようです。市民が集めて、業者が廃油代として市民にお金を払っていないからです。

 でも、時々、自治体などで廃油の回収をしているところがあります。それは「悪い人がいる」からです。なぜ、悪いかというと「価値があるなら売れる」わけですから、市民がタダであげれば、その業者だけが儲けます。

 もし、その業者が「環境の為に」ということで、廃油から作った燃料を無料でトラックの運転会社にあげていたら、その会社が不当に儲けます。

 儲けるだけではなく、油をトラックの運転手に届けるまでに使った資源が、その油より多いことを意味しているので、資源を余計に使っています。

 この手口はサギににていますから、誰が儲けているか良く監視することが必要です。旗を振っている人か、業者の人かどちらかが儲けています。その分、資源を余計に使っています。

 なぜなら、もし廃油が資源なら、業者は買いに来るからです。アラブの石油はあんなに遠くまでタンカーで買いに行きますが、それは資源だからです。アラブの石油も日本の家庭からでる油も「資源」という点では同じなのです。

 「知識が無いからだまされても良い」ということはありません。知識のない人をごまかす人が悪いのです。採りに来ない廃油を集めるのは、環境に悪いのですぐにやめましょう。

(平成2083日 執筆)