環境問題はなぜウソがまかり通るのか
The Lie of an Environmental Problem
09b3653dff885b125d54cfa5c7f98ab9.jpg

出版社 洋泉社

(4月15日現在、少し品薄です)

環境問題はなぜウソがまかり通るのか
The Lie of an Environmental Problem

武田邦彦著

ISBN : 978-4-85248-122-1

本体 952円+税

2007年2月26日(月曜日)出版予定

今や「地球環境を悪化させたくない、子孫のために改善していきたい」という願いは地球全体で誰にとっても疑いなく共有されうる前提として話が進んでいる。
これに反対したり、異説を唱えることは変わり者だと思われたり、白い目で見られたりするため、非常に難しい状況になっている。
しかし、こうした地球にやさしいはずの環境活動が錦の御旗と化し、科学的な議論を斥け、合理的な判断を妨げているとしたらどうだろうか。環境活動という大義名分の下に、人々を欺き、むしろ環境を悪化させているとしたら― ― 。

「環境問題の真実を知る」ための第一歩として本書を捧げる。