bandicam_20130530_212941719photo_2


7


プロフィール


 昭和18年(1943)6月3日、東京都生まれ。昭和37年(1962)都立西高等学校卒業・昭和41年(1966)東京大学教養学部基礎科学科卒業。同年(1966)旭化成工業(株)に入社、(1986)同社ウラン濃縮研究所長、平成5年(1993)より芝浦工業大学工学部教授を経て、平成14年(2002)より名古屋大学大学院教授,平成19年より中部大学教授. 平成27年より同じく中部大学教授(特任教授)に就任(辞令は「中部大学教授を命ずる。特任教授を委嘱する」となっている。

工学博士、専攻は資源材料工学。


(現在のその他の役職)

名古屋市経営アドバイザー、富山市政策参与、名古屋大学高等研究院院友、芝浦工業大学名誉賛助員、旭化成社友、高分子学会フェロー、株式会社ラッド取締役(社外)、ダイコク電機株式会社取締役(社外)

(前、元などの履歴)

内閣府原子力委員会専門委員、内閣府原子力安全委員会専門委員、文部科学省中央教育審議会専門委員、文部科学省科学技術審議会専門委員。

東京大学、京都大学、東北大学、横浜国立大学、早稲田大学、立教大学、愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、芝浦工業大学評議員、学長事務代理、大学改革本部長代理、教務委員長、NEDO技術委員,日本工学教育協会常任理事、JABEE工学一般審査委員長、非営利法人「おもしろ科学たんけん工房」「テクノ未来塾」理事などを経験。 


専門は資源材料工学 


主な受賞:日本工学教育協会工学教育賞(倫理)、日本原子力学会平和利用特賞、日本エネルギー学会賞、日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)、マテリアルライフ学会論文賞、資源素材学会発表論文賞, World Materials Day Awardなど。 


著書(共著を含む):「ナポレオンと東条英機」(KKベストセラーズ)、「NHKが日本をダメにした」(詩想社、2014)、「図解版 武田邦彦の熱血講義 誤魔化されている5つの真実」(日本文芸社 2014)、「日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒をつけてみた」(ぶんか社 2014)、「政府・マスコミは「言葉の魔術」でウソをつく」(日本文芸社 2014),「原発事故とこの国の教育」(ななみ書房、2013)、正しいとはなにか?」(小学館、2013)、「現代社会再考」(共著、水曜社、2013), 「新聞・テレビは「データ」でウソをつく」(日本文芸社、22013), 「タバコは止めない方が良い」(竹書房、2012), 「反被曝宣言」(双葉社、2102)、「原発を止める55の方法」(共著、別冊宝島、2012)、「アガらず話す方法」(遊タイム出版、2012)、「GENPATSU TALK MESSAGE}(共著、キラジェンヌ、2012)、「放射線測定器」(竹書房、2012)、「子どもの放射能汚染はこうして減らせる2」(竹書房、2012)、「逆説 エコの常識!」(アイコム、2012) , 「もうだまされない!「身近な科学」50のウソ」(PHP文庫、2011)、「放射能と原発のこれから」(KKベストセラーズ、2012)、「放射能列島 日本でこれから起きること」(朝日新書、2011)、「バク論 人の死なない世は極楽か地獄か」(共著、技術評論社、2011)、「超・原発炉論」(よみうりテレビ、2011)、「2015年放射能クライシス」(小学館,2011)、「全国原発危険地帯マップ」(日本文芸社,2011)、「武田邦彦がズバリ答える! いますぐすべき放射能対策」(別冊宝島、2011)、「大震災・放射能汚染 3.11以後の備える・守る 家族のための防災BOOK」(共著、じゃこめてい出版,2011)、「チェルノブイリクライシス」(寄稿、竹書房,2011)、「原発と、危ない日本4つの問題」(大和書房,2011)、「子どもの放射能汚染はこうして減らせる」(竹書房,2011)、「子供を放射能汚染から守り抜く方法」(主婦と生活、2011)、「放射能と生きる」(幻冬舎、2011)、「原発事故、放射能、ケンカ対談」(幻冬舎、副島さんとの対談,2011)、「エネルギーと原発のウソをすべて話そう」(産経新聞出版、2011)、「生物多様性のウソ」(小学館、2011)、「原発大崩壊」(ベストセラーズ、2011)、「原発事故残留汚染の危険性」(朝日新聞出版、2011)、「ニッポン再建論」(共著、廣済堂新書、2011)、「君が地球を守る必要はありません」(河出書房、2010)、「温暖化謀略論ー米中同時没落と日本の繁栄」(ビジネス社,2010)、「誰も知らない「危ない日本」7つの問題」(大和書房、2010)、「ウソだらけ、間違いだらけの環境問題」(新講社、2010)、「「CO2 25%削減」で日本人の年収は半減する」(産経新聞出版、2010)、「偽善エネルギー」(幻冬舎、2009)、「温暖化論のホンネー「脅威論」と「懐疑論」を超えて」(科学評論社、2009)、「科学者が読み解く環境問題」(シーエムシー、2009)、「武田邦彦エッセンス」(中部大学、アリーナ、2009)、「その「エコ常識」が環境を破壊する」(青春出版、2009)、「大麻ヒステリー」(光文社、2009)、「作られた環境問題」(ワック出版,日下公人さんとの共著,2009),「日本一早い平成史」(ゴマブックス,共著,2009),「家庭で行う正しいエコ生活」(講談社,2009),「電子/電気製品の発火・不良原因の究明技術と安全対策」(技術情報協会,分担執筆,2009),「暴走する「偽」環境ビジネス」(KKベストセラーズ, 2009),「武田邦彦はウソをついているのか?」(PHP,杉本裕明さんとの共編,2009),「「地球温暖化」論で日本人が殺される!」(講談社,丸山茂徳先生との共著),「欧州化学物質規制ハンドブック」(エスティーエヌ,分担執筆,2008),「27人のすごい議論」(文春新書,639,共著,文藝春秋社,2008),「日本の論点」(文藝春秋,分担,2008), 「食糧がなくなる!本当に危ない環境問題」(朝日新聞出版,2008)、「環境問題はなぜウソがまかり通るのか3」(洋泉社, 2008),「間違いだらけのエコ生活」(主婦と生活,2008)、「偽善エコロジー」(幻冬舎,2008)、「バイオ燃料で、パンが消える」(PHP、2008)、「高等学校国語現代文」(第一学習社,2004,"愛用品の五原則"が収録される),「高分子材料の劣化解析と信頼設計」(NTS,2007)、「自然に学ぶ材料プロセッシング」(三共出版2007 共著)、「暴走する地球温暖化論」(文藝春秋2007,共著)、「環境問題はなぜウソがまかり通るのか2」(洋泉社2007)、「国債は買ってはいけない(東洋経済新社2007)」,「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」(洋泉社2007)、「何を食べれば安心か」(青春出版2004)、「難燃材料データブック」(NEDO,2003),「難燃高分子材料の高性能化技術」(テクノネット2003),「二つの環境」(大日本図書2002)、「エコロジー幻想」(青春出版2001)、「リサイクル幻想」(文春新書2000)、「リサイクル汚染列島」(青春出版2000)、「リサイクルしてはいけない」(青春出版2000)、「有機材料工学」(シグマ出版)、「日本における同位体分離のあゆみ」(日本原子力学会,分担執筆,1998),「分離のしくみ」(共立出版,1988)、「高純度化技術体系」(フジテクノシステム,分担執筆,1997),”New Developments in Ion Exchange", (Elsevier, 1991).「分離科学ハンドブック」(共立出版,1990)、「イオン交換」(講談社)、「日本の将来と産学連携」(丸善)、など.


学術論文・総説など約800編、学術発表約1400件、特許など約100件。


主たるラジオ・テレビ出演;

「スーパーニュース」(東海テレビ)、「ごごすま」(CBC)、「どですか!」(名古屋テレビ)、「激論コロシアム」(愛知テレビ)、「やしきたかじんのそこまで言って委員会」(よみうりテレビ)、「さんまのホンマでっかTV」(フジテレビ)、「現代のコペルニクス」(シアターテレビジョン)、「たけしのテレビタックル」(テレビ朝日)、「マネーマネーマネー」、「岩上安身さんのユーストリーム」、「高島秀武さん、「おはよう中年探偵団(あさラジ)」(日本放送)、「上杉隆さん、タイムライン」(東京FM)


趣味:歴史、熱力学,おいしくない食事をすること


講演テーマ一覧

 (1)エネルギーと日本の近未来

(2)子供のための環境とは何か?

(3)正しいとは何か?

(4)幸福な人生と男女の関係

(5)企業の倫理と没落する企業

(6)原発はなぜ危険か?

(7)今日は朝   (武田邦彦の人生論)